体幹を支えるストレッチ

体幹トレーニングと聞くと、どうしても筋トレを思い浮かべてしまいますが、
しかし体幹を鍛えるためには”柔軟性”が不可欠なのです。
そもそも関節は、筋肉の収縮によって動いています。
この筋肉が硬いと可動域が限定されてしまうわけですが、
柔軟性の高い人は可動域が広がることによって動かす筋肉の幅も広がり、
より効果的に筋肉を鍛えることが可能になります。
ストレッチで柔軟性を高めれば、それだけ体幹トレーニングとの相乗効果を望めます。

さらにストレッチは太りにくい体質へと改善する効果もあります。
凝り固まった筋肉をほぐすことで血液の循環がよくなるので、
代謝が上がって太りにくくなります。
また、柔軟性を高めて体幹を鍛えることで内蔵がお仕上がり、下腹部も引き締まります。
バランスの良い体幹づくりで姿勢も良くなり、見た目の印象も大きく変わりますよ。ソース